亀の井自動車学校 ロゴ

取得できる免許一覧


TOP>取得できる免許一覧

免許案内

普通一種(AT・MT)
普通一種(AT・MT)
普通自動車第一種運転免許 普通自動車を、一般的な目的で運転する場合に必要な免許で、もっとも多くの方が取得している運転免許証です。 「MT車(マニュアル、限定なし)」「AT車限定(オートマ限定)」の2種類があります。
詳しくはこちら
普通二種(AT・MT)
普通二種(AT・MT)
普通自動車第二種運転免許 タクシーや代行運転などのように、旅客などを乗せて報酬を得て運転する場合に必要な運転免許証です。 普通一種と同様、「MT車(マニュアル、限定なし)・AT車(オートマ限定)」の2種類があります。 また、大型二種免許取得者は、普通二種免許で運転できる車を運転できる、新たに取得する必要はありません。
詳しくはこちら
準中型
準中型
準中型免許 平成29年3月12日より新設された免許で、車両総重量3.5t以上7.5t未満、最大積載量2t以上4.5t未満、乗車定員10人以下の自動車を運転するための免許です。
詳しくはこちら
大型一種
大型一種
大型自動車第一種運転免許 大型トラックなど大型自動車の運転に必要な免許です。
受験資格は21歳以上で、普通免許または大型特殊免許取得後3年以上の経験を持つこと、といった条件がありますが、受験資格を満たしていれば技能試験のみで取得することもできます。
運送会社や土木建築会社など、大型トラックのドライバーを必要とする職種で活躍できます。
詳しくはこちら
大型二種
大型二種
大型自動車第二種運転免許 バスなど旅客輸送を行う大型自動車の運転に必要な免許です。
受験資格は21歳以上で、大型免許を取得、または大型仮免許を取得し、バス型の大型自動車(乗車定員30名以上)の路上練習を過去3ヵ月以内に1日2時間5日間以上行うこと、といった条件があります。
すでに普通二種、大型特殊二種、またはけん引二種を取得していれば学科試験は免除、また、指定教習所の卒業者は技能試験が免除されます。 バス会社や旅行会社のドライバー職として活躍できます。
詳しくはこちら
中型一種
中型一種
中型自動車第一種運転免許 平成19年6月2日から、新たに中型自動車免許が新設されました。
中型免許で運転できる車は、車両総重量5トン以上ー11トン未満、最大積載量3トン以上ー6.5トン未満、乗車定員11人以上29人以下の自動車です。
詳しくはこちら
中型ニ種
中型ニ種
中型自動車第ニ種運転免 平成19年6月2日から、新たに中型自動車免許が新設されました。
バスなど旅客輸送を行う中型自動車の運転に必要な免許です。
中型免許で運転できる車は、車両総重量5トン以上11トン未満、最大積載量3トン以上6.5トン未満、乗車定員11人以上29人以下の自動車です。
詳しくはこちら
普通二輪(MT)
普通二輪(MT)
普通自動二輪運転免許 排気量400cc以下の中型バイクを運転することができる免許です。1996年の免許制度改正前は、自動二輪免許に排気量限定(排気量400cc以下に限る)を付けた形とされており、いわゆる「中免」と呼ばれていました。
詳しくはこちら
普通二輪(AT)
普通二輪(AT)
普通AT限定二輪免許 2005年6月1日より新設されました。
既定の普通二輪免許にオートマチックトランスミッション限定条件を付けた形で、大型スクーターを対象とします。
詳しくはこちら
小型限定
小型限定
普通二輪小型限定 普通二輪免許で運転できるのは400cc以下の二輪車ですが、普通二輪小型限定は125cc以下に限定した免許です。さらにAT限定つきもあります。
AT小型限定普通二輪免許は、技能10時間と学科1時間で卒業可能です。(普通免許所持の方)
詳しくはこちら
大型特殊
大型特殊
大型特殊免許 大型特殊免許は、クレーン、ショベル、農耕トラクタなどの大型特殊自動車を公道で走らせる場合に必要な運転免許です。
普通自動車免許を取得していなくても取得可能で、第一種免許、第二種免許があります。
詳しくはこちら
けん引
けん引
けん引車 けん引免許(牽引免許)は、車両重量750kgを超える貨物トレーラーやキャンピングトレーラー、台車に乗せた荷物等を乗用車に連結して移動させる際に必要になる免許です。
けん引するほうの乗用車を運転する免許も同時に必要となります。
たとえば大型自動車で重被牽引車をけん引する場合、大型免許とけん引免許の両方が必要になります。
詳しくはこちら
フォークリフト
フォークリフト
フォークリフト フォークリフトは、車体前部のマストに取り付けた二本のフォーク状の腕を上下させ、荷物の積み降ろしや運搬をする車です。
労働安全衛生法では、最大荷重が1トン以上のフォークリフトの運転業務は、フォークリフト運転技能講習を修了したものでなければその業務に就かせてはならないと定めています。
詳しくはこちら